ビーガン娘のイギリス生活記

「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当かを検証中のブロブです。

ハリポタのルーナ役イヴァナ・リンチの自伝『The Opposite of Butterfly Hunting』【洋書レビュー】

映画ハリーポッターでルーナ役を演じたイヴァナ・リンチさんが初の本を出版されました。 彼女自身自伝で『The Opposite of Butterfly Hunting: The Tragedy and The Glory of Growing up』というタイトルです。 実は子どものことに拒食症だったイヴァナさん…

イギリスでヘアドネーション!がん治療中の子どものために。

イギリスでヘアドネーションをしました。3年以上まともにカットしていない髪が誰かの役に立つと思うと少し誇らしく思います。イギリスでのヘアドネーション方法をご紹介します。

イギリスでパートナービザを自力で取得!費用・書類・スケジュールをまとめました

イギリスでパートナービザを自力で取得しました。以前よりも提出書類が少なくなっていて簡素化されていました。2年同棲歴があれば未婚でもパートナービザを申請でき、エージェントを通さずとも自力でも簡単に取得できました。

ロンドンのNPOビーガンレストラン「Cafe Van Gogh」

ロンドンにあるビーガンレストランをネットで調べると高確率でお勧めされるCafé Van Gogh(カフェ・ヴァン・ゴッホ)に遂に行ってきました。 ずーと行きたいなと思っていたのですが今まで機会がなく、 いつになるかなと思っていたところ丁度目の前を通りかか…

『ハリーポッターと呪いの子 (Harry Potter and the Cursed Child)』のロンドン公演を鑑賞!激安チケット情報と座席の選び方

本当に魔法が使われているかのような演出だった『ハリーポッターと呪いの子』ロンドン公演を観に行ってきました。ロンドンで最もチケットが取りずらい演目と言われています。チケット方法や、激安チケット情報、座席の選び方をご紹介

ロンドン初100%ビーガンパブでサンデートースト

ロンドンで初めての100%ビーガンパブでサンデーローストを食べてきました。飲み物、料理、デザートすべてビーガン。お料理はおいしく雰囲気を素敵なパブでした!

大学だけじゃない!オックスフォード観光

「大学以外のオックスフォード観光」 オックスフォードにはカレッジ以外にも見どころがたくさん!ギネスブックにも載った巨大な本屋さんから、不思議な博物館、多くの有名人が訪れた歴史あるパブなど、興味深い観光名所ばありです。

ホグワーツの大広間で朝食!オックスフォード・クライストチャーチの大学寮に滞在

ホグワーツの大広間のモデルとなったオックスフォード・クライストチャーチカレッジの大広間で朝食を食べてきました。一般観光客として入場しただけだと見学のみですが、大学寮に宿泊すると大広間で朝食を食べることができるんです!

2021年に読んだ洋書23冊におすすめランキングをつけてみた

1年間で読んだ洋書は23冊、計9767ページ。2021年に読んだ洋書にオススメランキングを付けてみました。

『Conversations with Friends』ベストセラー作家サリー・ルーニーのデビュー作【洋書レビュー】

イギリスBBC3でドラマ化されて大人気となった『Normal People』の作者であるサリー・ルーニーが書いた『Conversations with Friends』を読んでみました。 『Normal People』のドラマも観て原作も読んでとても作品に魅了されたので、同じ作家が書く別の物語に…

イギリス流クリスマスの過ごし方を徹底解説!21のポイント

イギリスでのクリスマスの準備から当日、クリスマスの終わりまで、イギリス流クリスマスの過ごし方を21のポイントに分けて徹底的にご紹介!

洋書ハリーポッター7冊を2ヶ月で読んでみた【読書時間と学習効果】

洋書ハリーポッターシリーズ7冊を2ヶ月で読破するチャレンジをしてみました! コロナによるロックダウンでお家時間が増えた2020年秋頃より、洋書での読書に挑戦し英語多読を行っています。 「2021年は洋書で25冊本を読む」という新年の抱負を立てたものの、7…

【洋書レビュー】『The Silent Treatment』歳を重ねてから読み返したい1冊

イギリスの本屋さんや本のレビューサイトでよく見かける『The Silent Treatment』を読んでみました。将来結婚し、子育てをして、子が巣立ち、、いろいろな経験をパートナーをしてから読み返したいと思える1冊でした。

ミュージカル『バック・トゥ・ザ・フューチャー』次世代な演出で驚き続出

コロナでロンドン公演が延期になっていたミュージカル版バック・トゥ・ザ・フューチャー『Back to The Future: the Musical』を観てきました。 1985年に公開された世界最高峰のSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 私はドンピシャ世代ではなく、『バッ…

『A Keeper』グラハム・ノートンの2冊目の小説【洋書レビュー・英語多読】

イギリスで活躍するコメディアンのグラハム・ノートンさんが書いた小説『A Keeper』を読んでみました。サスペンスでハラハラドキドキの一方、ヒューマンドラマも描かれている1冊です。

【4泊5日マルタ旅行記】豪華すぎ!聖ヨハネ大聖堂 最終日

マルタ旅行も遂に最終日です。 マルタからイギリスへ帰る飛行機は夕方の便だったので、最終日は半日観光です。 半日しかないので遠くへは行かず、マルタの首都バレッタを観光することに。 トリップアドバイザーでバレッタの観光スポットランキング第1位にな…

【4泊5日マルタ旅行記】4日目ブルーグロットとイムディーナ

4泊5日のマルタ旅行記 1日目はマルタ到着、2日目はマルサックスロックとセントピーターズプールとバレッタ散策、3日目はゴゾ島観光をしました。 4日目はマルタ島内で真っ青な海を見学できるブルーグロットと、マルタの昔の首都イムディーナ観光をしました。 …

【4泊5日マルタ旅行記】3日目ゴゾ島観光

4泊5日のマルタ旅行の3日目です。 1、2日目は天然プールで泳いだり、首都バレッタ散策を満喫しながらも、あまり美味しいご飯に出会えずにいました。 3日目はマルタの自然の美しさと長い歴史に圧倒されました。 それでは私の4泊5日マルタ旅行記の3日目です。 3…

【4泊5日マルタ旅行記】コロナ後のマルタ入国 1&2日目

マルタ旅行に行ってきました。気になるコロナ後のマルタ入国方法やマルタの状況もご紹介。2日目にはマルサックスロックと天然プールのセントピーターズプールに行きました。

【ブループラーク巡り】誰もが知ってる児童書作家編

ロンドンにあるブループラークの中で、有名な子ども向けの本の作家達のブルー・プラークをご紹介。『くまのプーさん』や『メリーポピンズ』『ピーターパン』などの作家が住んだ家めぐりです。

ブライトン観光 ロンドンから1時間でホリデー気分を堪能

ロンドンから1時間で行けてホリデー気分を満喫できるブライトン。観光のハイライトを決められない程毎秒楽しかったです。ブライトンへの行き方、ブライトンで食べたいものややりたいことなどをご紹介。

【ブループラーク巡り】ロンドンに住んでた有名人のお家巡り

著名人が住んだ場所を記しているマーク「ブループラーク」。ロンドンにある約950のブループラークをすべて巡ってみて、ブループラーク巡りの楽しさとやり方、ブループラーク巡りをして発見したロンドンの特徴をご紹介。

『Emma』ジェイン・オースティンの名作【洋書レビュー·英語多読】

ジェイン・オースティンの傑作とも言われる洋書『Emma』を読んでみました。

簡単ビーガンブラウニーレシピ 失敗知らず·特別な材料いらず

計量苦手で超ズボラな私が失敗せずにおいしく作れる簡単ビーガンブラウニーのレシピです。材料も特別なものは必要なく、ご自宅の戸棚にあるもので作ることができます。

ロンドンのフロイト博物館 見どころ&貴重な芸術品たっぷり!

ロンドン高級住宅地にひっそりとたたずむフロイト博物館はかなり穴場な博物館です。フロイトはロンドンに1年しか住んでいませんが、そうは思わせない程の数々の貴重品が展示されていて、行く価値ありのミュージアムです。

イギリスの遊園地チェシントン・ワールド・オブ・アドベンチャーズ

ロンドンから電車で35分で行ける「イギリスで最もワイルドなファミリーアドベンチャー」な遊園地『チェシントン・ワールド・オブ・アドベンチャー』情報 粗く回転するジェットコースターから、動物園や水族館が一緒になったテーマパークです。

ロンドンの古い元線路上を歩くParkland Walk

大都会ロンドンにある自然保護区Parkland Walkを歩いてみました。自然だけでなく、昔線路として使われていた場所なので歴史も感じられる素晴らしい場所でした。ロンドンに居ながら自然を感じたい方、廃墟好き、歴史好き、ウォーキング好きの方にオススメです…

味も見た目も本物そっくりビーガン寿司 In London

味も見た目も本物そっくりなビーガン寿司。サシまで入ったビーガンサーモンやマグロは絶品でした!一体ビーガンサーモンやマグロは何で出来ているのか、どこで食べられるのかご紹介です。

PopUp Painting イギリスでお絵描き教室に行ってきた 

お絵描きが苦手な私でもとっても楽しく素敵な作品を描くことの出来たPop Up Painting。30ポンドちょっとで手ぶらで参加でき、できた作品も持ち帰れる素晴らしいイベントです。

レールカードで電車賃が高くなる⁈イギリスのレールカードの注意事項

イギリスでお得に電車を乗るには必須のレールカード。1/3割引きになるはずのレールカードには、実は落とし穴が!しっかり理解しておきたいレールカードの注意事項です。