ビーガン娘のイギリス生活記

「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当かを検証中のブロブです。

【イギリス土産】一時帰国で実際に私が買ったもの!

 

トータルするとイギリス在住歴も7年目。その間何度か日本へ帰国や一時帰国をしてきました。その際毎度悩まされるのが、日本の家族や友達へのお土産。

 

そこで今回はイギリス在住の私が一時帰国の際に実際に買ったイギリスのお土産をご紹介します。

 

一時帰国の際に毎度買うもの、今回初めて買ってみたもの合わせて11点をご紹介します。

 

 

Whittard of Chelseaのココア

 

Whittard of Chelseaはイギリスの老舗紅茶屋さんで、たくさんのおいしい紅茶やフレーバーティー、コーヒーも売っています。

 

紅茶屋さんではありますが、私が毎回お土産で買うのはココア。ここのココアは濃厚でとってもおいしいんです。以前ココア好きの祖父のためにお土産で買っていったところ、大変気に入ってくれました。それ以来帰国の度に購入しているお土産です。

 

今回は普通のココアとバノフィーパイというイギリスのバナナを使ったケーキ味のものを購入しました。1つ8ポンドです。

 

また、Whittardのココアの多くがビーガン商品でもあります。市販のココアには乳成分が入っているものが多いので、ビーガンの私にとってはとってもありがたいです。

日本へのイギリス土産としてだけでなく、普段お家で飲むようにも購入しました。

 

Whittardは日本に店舗もないため、イギリスのお土産にもってこい!

紅茶好きの方へのお土産選びのお店としてもおすすめです。また店舗では多くの試飲ができるので、お土産として購入する前に味見ができるのもありがたいです。

 

私はココアのほかにもローズティーも大好きです。

 

Fuller’sビール LONDOON POTER

フラーズ醸造所は1845年からロンドンにあるビール工場です。

実は2019年に日本のアサヒビールに買い取られた醸造所なのですが、おそらくロンドンで一番有名で歴史あるビールです。

 

今回の一時帰国の少し前にフラーズビール工場見学へ行ったので、「イギリスのパブでビールを飲みたい!」と言っていた父と兄、そして祖父へのお土産としてフラーズの「ロンドン・ポーター」というビールをお土産に買いました。

 

フラーズのビールで一番有名なのは「London Pride」ですが、父はLondon Prideを飲んだことがあるので、今回は「London Porter」にしてみました。

 

London Porterはダークなビタービールで日本でよく飲まれるラガーとは全然違うビールですが、家族みんな日本ではあまり飲まないビールを楽しんでくれました。

醸造所の方曰く、冷蔵庫で冷やしておいて飲む30分くらい前に冷蔵庫からだしておくと、一番おいしく飲めるそうです。

 

「London Porter」も「London Pride」のフラーズ醸造所へ行かなくとも、イギリスのスーパーでも買うことができます。

 

Yorkshire Teaのビスケット味

 

イギリスの家庭で飲まれている紅茶で最も有名なYorkshire Tea。

 

そのYorkshire Teaが「ビスケット味」「ジャム&トースト味」、ディカフェの「ナイトタイム味(バニラ&ナツメグ味」などの変わり種フレーバーの紅茶を販売していて、販売当初からイギリスでは話題になっていました。

 

毎晩の読書タイムの際に紅茶を飲んでいる私も、もちろんどの味のYorkshire Teaも自宅に常備しています。

 

その中で一番好きなビスケット味を今回はイギリスのお土産として買っていきました。

 

イギリスでは紅茶にビスケットをチョンチョンと浸して、食べる方が多くいます。

そのチョンチョンと浸すことを「ダンキング」というのですが、このYorkshire Teaのビスケット味の紅茶はビスケットをダンキングした紅茶の味を再現したものです。

 

紅茶にビスケットが一度浸ったようなほんのり甘みのある紅茶で女性軍に人気のお土産でした。

 

イギリスでは大きなスーパーで購入することができます。

 

ラチナムジュビリーグッズ

今年はエリザベス女王即位70周年の記念の年(プラチナムジュビリー)です。

いろいろなブランドやスーパーで、プラチナムジュビリーグッズが販売されていました。

 

今年だけの特別なお土産として、Tescoで売っていたプラチナムジュビリーデザインのショッピングバッグをばらまき様のお土産として購入。コーギーのかわいい絵柄でした。

 

生憎、私が一時帰国した際は今年がプラチナムジュビリーのお祝いだということが日本であまり知れ渡っていなかったのですが、説明すると今年だけの限定グッズであることを喜んでくれる方ばかりでした。日本人は限定ものが好きな方が多いですね。

 

Waitroseのラベンダーショートビスケット

 

王室御用達スーパーWaitroseのショートブレッドは以前一時帰国の際にお土産として好評だったため、今回も買っていきました。

 

Waitroseのショートブレッドは形ハート型でかわいい上、王室御用達のスーパーというだけでちょっと高価に感じます。実際は1箱2ポンド弱です。

 

色々な味があるのですが、以前お土産で一番人気だったラベンダー味を今回もお土産にしました。上の写真の一番右側のものです。

 

Green&Black's オーガニックチョコレート

 

Green&Black’sのチョコレートは会社の人にオススメされて、今回初めて買ったイギリスのお土産です。

 

オススメしてくれた会社の人は、日本の会社へのお土産で買って行ったそうなのですが、会社内の海外好き&チョコレート好きなグルメな女子達をも唸らせたチョコレートだと言っていました。

 

箱入り&個包装になっているので会社へのお土産にぴったりです。

 

私のイギリス人彼にもこのチョコレートについて聞いてみたところ、イギリスでは誰でも知っているちょっと贅沢な美味しいチョコと言っていました。

 

12個入りや24個入りなどがあり、お値段も10ポンドから20ポンドほど。大きめなスーパーで売っていて、よくセールもしています。

 

世界最古のおもちゃ屋さんHamleysのおもちゃ

 

今回の一時帰国中に甥っ子が1歳のお誕生日を迎えたので、甥っ子向けにHamleysでおもちゃのイギリス土産を購入しました。

 

Hamleysはイギリスにある世界最古のおもちゃ屋さんです。ロンドンのリージェンツストリートに大きな本店があります。

 

そこでHamleysのロゴの入ったテディーベアと紐で引っ張れる木製のロンドンタクシーを今回は購入しました。

 

甥っ子はちょうどハイハイから歩き始める年齢で、このロンドンタクシーを紐で引っ張ると飽きずにずっと追いかけてきて楽しそうにしていました。

3歳の姪っ子ちゃんもこの紐を引っ張って、犬のお散歩のように楽しんでいました。

 

巨大なおもちゃ屋さんなので、どんな年のお子さんもに対応できる素敵なイギリスのお土産を買うことができると思います。

 

www.uklifejournal.com

 

Arther Priceのカトラリーセット

私がイギリスにいる間に日本の友人が結婚しました。そのお友達向けに結婚のお祝いとしてArther Priceのカトラリーセットを買っていきました。

 

イギリスのシェフィールドは刃物や銀製品で有名な街です。

シェフィールドに旅行に行った際に、イギリスでは結婚のお祝いとしてちょっと良質なシェフィールド産のカトラリーセットを贈ることがあると聞きました。

 

友人への結婚のお祝いに何イギリスらしいものをプレゼントしたいなと思っていたので、シェフィールドに拠点を置くArther Priceのカトラリーセットをプレゼントすることにしました。

 

John Lewisなどのデパートでも売っていますが、私はArther Priceから直接オンラインで購入しました。オンライン購入して、日本へ送ることも可能です。

 

Terry's のオレンジチョコレート

Terry’sのオレンジチョコレートもイギリスのお土産として人気です。オレンジの形をしていて、割るとオレンジの房のようになるチョコレートです。

 

日本でもカルディコーヒーなどでもしかしたら見かけることができるかもしれません。

 

日本では1つ750円ほどで売られているのも見かけました。

イギリスのスーパーで購入すると1つ1~1.50ポンド。レートにもよりますが160~250円ほどです。

 

日本では手に入らないものをお土産にするものいいですが、手に入るけど高くてなかなか買えないものを本場で仕入れてお土産にするのもとてもいいと思っています。

 

イギリスではとても安く購入することができるので、友人たちへのイギリス土産として購入しました。

 

Candy Kittensビーガングミ

グミが食べたくて買ってみておいしかったので、イギリス土産にしてみたのがCandy Kittensのビーガングミです。

 

多くのグミにはゼラチンが入っているのでビーガンでないことが多いのですが、Candy Kittensのグミはビーガン。

 

いくつか味の種類があるのですが中でもイートンメス味がおすすめです。

イートンメスはメレンゲやイチゴ、クリームを使ったイギリスの伝統的なスイーツです。イギリスの首相などを多く輩出している名門校イートン校に由来のあるスイーツです。

 

そんなちょっと変わり種のイギリスを感じられるフレーバーのグミはちょっとしたお土産にピッタリでした。

 

ブラックビーンソース

 

イギリスで生活をしていて常備している調味料の一つがこちらのブラックビーンソースです。

 

これを使って麻婆豆腐やチャーハン、野菜炒めなどをよく作ります。

ブラックビーンソースを入れるだけで何でもおいしくなるので、我が家のキッチンには欠かせません。

 

日本に一時帰国中に家族にブラックビーンソースを使って麻婆豆腐を作ってあげたく、買っていったお土産です。

 

家族からは大絶賛!

母からは「こういう日常のいいものってとっても嬉しい!」と言ってもらいました。

 

中華系スーパーやセインズベリーズなどのスーパーで、2ポンド強で売られています。

このラベルに書かれているおばさん?おじさん?のシリーズで他にもいろいろ出ており、どれも外れなしの大正解です。

 

ブラックビーンソースだけでなく他のソースと合わせてイギリスのお土産にするものいいかと思います。

 

【イギリス土産】一時帰国で実際に私が買ったもの!

3年ぶりの日本への一時帰国でイギリスのお土産として買ったものの一部をご紹介しました。

 

ご紹介したもののほかにも、イースターの時期だったのでイースターの時期にしか買えないイースターチョコや、母親から頼まれたカレーパウダーやベジタブルストックなども買って帰りました。

 

一時帰国の度に買っているイギリス土産から今回初めて買ってみたものありますが、結果どのお土産もとっても喜んでもらえました。

 

何をお土産にしていったかよりも、久しぶりに会えることに喜んでくれたり、何がお土産であろうと考えて買っていけば気持ちが伝わるのかなと思いました。

 

悩ましいお土産選びも喜んでもらえることを考えると、楽しいアクティビティですね。

 

 

ブログ村ランキング登録しています。

こちら↓のボタンをポチっとしていただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村