イギリス生活記

2018年後期のYMSビザに当選。2019年3月に渡英してロンドン生活開始。3度目の渡英ですがロンドンに住むのは初めて!「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当か検証中

ロンドンから絶景セブン・シスターズへ日帰りハイキングへの行き方

ロンドンから日帰りで行けるセブン・ シスターズでハイキングをしてきました。今回私が挑戦したのは、 セブン・シスターズを端から端まで歩くコースです。

 

 

 

 

セブン・シスターズって?

セブン・ シスターズはイングランド南部のサセックス地方にあるイギリス海峡沿いの白色の石灰岩で出来た崖です。

 

シーフォード(Seaford)という街からイーストボーン(Eastbourne)という街の間にあります。

 

サウス・ダウンズ国立公園の一部です。

 

白色の石灰岩が青い海に映え、とてもきれいな景色が広がり、ハイキングやピクニックをする人が沢山訪れます。

 

ロンドン北部にもセブン・シスターズという地名がありますが、別物です。

 

 

ロンドンからセブン・シスターズへの行き方

ロンドンからセブン・シスターズへは日帰りで行けます。

 

行き方は2つ。

ロンドンヴィクトリア駅→イーストボーンへ電車

ロンドンヴィクトリア駅→シーフォードへ電車(Lewes駅で乗 り換え)

 

 

どちらもビクトリア駅から1時間半程です。

 

セブン・シスターズを端から端までハイキングをしたい方は、ロンドンヴィクトリア駅からシーフォード駅へ行き、そこからイーストボーンまで行きます。そして帰りはイーストボーン駅からロンドンヴィクトリア駅帰ってくるルートがおすすめです。

 

今回私が挑戦したのはこのルートです。

 

 

電車のチケット(ロンドン→シーフォード/イーストボーン→ ロンドン)

ロンドンからシーフォードへ電車で行き、 シーフォードからイーストボーンへ歩き、 イーストボーンからロンドンで電車で帰ってくる場合の電車のチケ ットの購入方法です。

 

片道チケットを2回買うのかな?と思ったのですが、片道チケットを2枚購入するとなかなかの金額に。。。

 

そこで窓口で確認をしたところ、ロンドン⇔ イーストボーン間の往復チケットを購入して、さらに、ルイス駅( Lewes)→シーフォード駅(Seaford) を追加で片道を購入するのが一番お安いとのことでした。

 

ちなみに料金は、、、

ロンドン⇔イーストボーンが£34.40

ルイス→シーフォードが£2.80 

 

ただ、私はレールカードを持っていて割引があったので、

ロンドン⇔イーストボーンが£22.70

ルイス→シーフォードが£1.85 

 で購入することができました。毎度毎度レールカードには本当にお世話になっています。

 

www.uklifejournal.com

 

 

 

セブン・シスターズハイキングのレベルと時間

セブン・シスターズを端から端まで歩きたい方は、 シーフォード駅からイーストボーン駅まで歩く方法、もしくは逆回りがあります。

 

その場合、合計で約22.5キロです。時間にして大体6時間のハイキングです。

 

シーフォード⇔イーストボーン間はバスも走っていますので、部分的に歩いて後はバスを利用したり、シーフォードの近くだけを散策し、シーフォードへまた戻ったり、 イーストボーンの周りだけを散策してイーストボーンへまた戻ることももちろん可能です。

なので、いろいろなレベルの方が自然とハイキングを楽しめる場所となっています。

 

 

セブン・シスターズを完歩!

私がセブン・ シスターズを端から端まで歩いた体験をご紹介します。

 

ロンドンからシーフォードへ

ロンドンビクトリア駅からシーフォード駅へ行くのには、1度乗り換えが必要です。

 

ビクトリア駅からイーストボーン行きの電車にのり、 途中のルイス駅で乗り換えます。ビクトリア駅から6駅・1時間強で乗り換えです。

 

ルイス駅からシーフォード駅までは、シーフォード行きで5駅・20分です。

 

ビクトリア駅からイーストボーン駅までは30分に1本電車が出て います。○○時16分発と、○○時46分発の2本です。

 

 

 

シーフォードからハイキング開始

シーフォード駅に着いたらハイキング開始です。シーフォード駅をでて、右手に進み、 インフォメーションセンターの方向へ進みます。

インフォメーションセンターを通り超え、そのまま進むとビーチまで出ます。

 

ビーチに出たら、左手に白い石灰岩の崖が見えます。

そうです、それが目指す方向です。

 

ビーチ沿いにはカラフルなビーチ小屋が並んでいて、 こちらもかわいいかったです。

 


f:id:na-kouk:20190920020502j:image

 

ビーチを抜けたらハイキング開始です。

ここから芝の丘のアップダウンがひたすら続きます。

 


f:id:na-kouk:20190920020612j:image

 

シーフォードから歩くいて一つ目の丘を越え歩き進めると、よくガイドブックやインターネットで見るセブン・ シスターズが見えてきます。

 


f:id:na-kouk:20190920020640j:image

 


f:id:na-kouk:20190920020700j:image

 

もちろんイーストボーン側から歩いて見る景色も綺麗ですが、やはりガイドブックなどに使われているだけあって、 シーフォード側からみるセブン・シスターズは圧巻でした。

 

この圧巻のセブン・シスターズを観れることからも、 シーフォード→イーストボーン回りのルートがおすすめなんです。

 

そしてこの美しい圧巻なセブン・ シスターズをこれから歩いていくのか!と、22.5キロのハイキ ングの挑戦を意気込める気もします。

 

 

川を超える

一つ丘を超え歩き進めると、川が見えてきます。この川の反対側へ渡る必要があるのですが、橋がかかっている場所まで歩くのがかなり遠いです。

 

川をぐるーっと大回りして歩きます。

 

ここで大回りしたくない、少しくらい足が濡れても問題ないという方は、川を歩いて渡ることもできます。

 

膝下ふくらはぎくらいの深さで、流れはあまりない川なので、靴を脱ぎ、ズボンの裾をたくし上げれば問題なく渡れます。

 

川を実際に歩いて渡っている人も結構いました。水遊びしている子どもも多かったです。

 

川を橋まで回って歩くにはかなりの距離があったので、川をまわり終わったあとには足が濡れても、川を歩いて渡ってしまえばよかったかな、と少し後悔したほどです。

 

ひたすらせセブン·シスターズを歩く

川を超えたあとは、川の対岸から見たセブン·シスターズをひたすら歩きます。

 

ひたすら登って下りての繰り返しです。

斜面が急な場所が多く、もう一層のこと四つん這いになって、ハイハイ状態で歩いた方が楽なんじゃないかと思うくらいでした。

 

きちんとハイキングスティックの様な装備を持ってきている人もいる程です。

 


f:id:na-kouk:20190920020752j:image

 

 

ビーチ―ヘッドで休憩

ひたすら丘を登り下りして歩くと、ビーチーヘッドというビーチのあるエリアに出ます。

 

こちらまで歩き始めて3時間半。

 

ここはハイキングをしない人でも車やバスで来ることができるので、人気のスポットです。

 

ハイキング道中、お手洗いもお店も全然ないのですが、こちらにはお手洗いとカフェがあります。無料のお手洗いです。

 

朝からハイキングを始めて、ビーチーヘッドでお昼にするのもいいアイデアだと思います。

 

 

ビーチ―ヘッドからイーストボーンへ

 ビーチーヘッドを越えてからも急な丘が続きます。ここまでの足の疲れのせいもあるかもしれませんが、ビーチーヘッドを越えてからの方が勾配が急でした。

 

歩いているのか、這いつくばっているいるのか、、という感じもしました。

 

そしてシーフォードからビーチーヘッドまでの道のりもそうでしたが、崖の端まで歩けるんです。特に崖に柵等もなく、崖から落ちようと思えば落ちれちゃうんです!!

 

ビーチーヘッドを越えて、ハイキングも後半になると気づいたらまっすぐ歩いてないことがあって、崖の端すぐそばを歩いていることがありました。

 

皆さん崖の端に近づきすぎないようにお気を付けくださいね!

 


f:id:na-kouk:20190923024205j:image

 

いくつかの丘を越え、更に歩き進めるとイーストボーンのきれいな街並みが遠くの方へ見えてきます。

これがまた見る価値ありな景色です。

 



f:id:na-kouk:20190923024129j:image

 

イーストボーンからロンドンまでの帰り道

イーストボーンからロンドンまでの帰り方は、とっても簡単です。

帰りの電車は1本で直通、 しかも始発駅から終点駅までなので乗り越す心配もありません。

 

イーストボーン→シーフォードではなく、シーフォード→ イーストボーンでハイキングをするメリットの一つでもあります。

 

ハイキングで疲れた帰り道に乗り換え駅を心配するのは、 ちょっと大変です。始発駅から終点駅まで乗っているだけでOKな ら安心です。

そして始発駅から乗れるので、高確率で座って帰れます。

 

 

 

 

セブン・シスターズへ行く際の洋服や持ち物

汚れてもいい歩きやすい靴

合計22.5キロのハイキングなので、 やはり歩きやすい靴は必須です。

ハイキングをしている人の中には、 ちゃんとしたハイキングブーツを履いている人も結構いました。

私は普通のスニーカーで行きましたので、もちろん普通のスニーカーでも大丈夫です。

 

ただ、ご存知の通りイギリスは雨が多い国。

セブン・シスターズのハイキングルートのほとんどが芝です。 雨で地面がぬかるんでいたり、 芝が濡れている事も多々あると思うので、 汚れてもいい靴を履いて行かれることをオススメします。

 

 

日焼け止め

私がセブン・シスターズへハイキングに行った日は、 ピカピカのお天気でした。ハイキングルート上には、 ずっと芝で木はなく、ほぼ常に日向です。

 

行かれる方は日焼け止めを持っていかれることをオススメします。

 

 

脱ぎ着しやすい上着

ピカピカに晴れた日の22.5キロのハイキングでしたので、 少し汗ばむと同時に、海沿いの崖なので風が冷たかったです。

 

いくつもの丘を越えるイメージのハイキングなので、 その日の風向きにもよりますが、 私が行った日は丘を登る際は丘によって風がふさがれあまり風がなく暑く、 丘を登り終えて下りる際は海沿いの強い冷たい風が真正面から当たり冷たかったです。

 

丘を上り下りするたびに上着を脱ぐのは大変ですので、 そこまでは流石にしませんが、 脱ぎ着しやすい上着があると体温調節がしやすいです。

 

 

 

行ってみた感想

 いつもガイドブックなどを見て、その絶景をぜひこの目で見たいを思っていたのですが、ついに達成しました。

 

そして写真で見る以上に、息をのむ美しさ!!

 

ただ見に行っただけでなく、端から端まで歩いたと思うと、自分を褒めちゃいます!

 

ロンドンから日帰りでこんな独特な自然を見に行けて、ハイキングもできる場所があるなんて最高です。

 

ロンドンの人込みに疲れ、自然で遊びたい方にぜひ行っていただきたい場所です。私も絶対にまたハイキングに行くと思います。

 

 

 ブログ村ランキング登録しています。

こちら↓のボタンをポチっとしていただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村