イギリス生活記

2018年後期のYMSビザに当選。2019年3月に渡英してロンドン生活開始。3度目の渡英ですがロンドンに住むのは初めて!「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当か検証中

子ども発、英バーガーキングでのおまけのおもちゃ廃止

イギリスでは環境問題が大きな問題として取り上げられていて、環境問題についてのニュースを聞かない日がありません。

 

そんなイギリスで本日ニュースになっていたのは、 バーガーキングでのお子様セットのおまけのおもちゃを廃止するというニュースです。

おまけのおもちゃも環境問題に関わっているんです!

 

 

 

 

 

おまけのおもちゃが廃止される理由

子どものことにマクドナルドのハッピーセットを頼んだのを覚えていらっしゃいますか?

 

そうです、おまけのおもちゃが付いてきます。

私はおもちゃが目当てでハッピーセットを頼んでいたような感じでした。

 

しかしイギリスではファストフード店でのお子様セットの「 おまけのおもちゃを廃止する運動」が起きていました。

 

理由は環境問題です!

 

おまけのおもちゃのほどんどがプラスチックで出来ています。

イギリスではプラスチックが環境に悪いことは周知されていて、プラスチックを出来るだけ排除しようとする運動が多く起こってい ます。

1回しか使われずにしてられてしまうストローや、 綿棒の棒の部分のプラスチックが廃止され始めています。

 

そこで、今回プラスチック廃止運動がお子様セットのおまけのおもちゃに広がったということです。

 

おまけのおもちゃは特に、短い期間しか使われずに捨てられてしまうケースが多いそうです。

またこの固いプラスチックはリサイクルも難しいとか、、、

 

短期間しか使われず、あまりリサイクルされない、そしてリサイクルをしたところでリサイクルするのが難しくリサイクルをするのにも多くのエネルギーを使う。

 

環境問題のことを考えるとこれは必要なことか?ということで、「 おまけのおもちゃの廃止運動」が始まりました。

 

 

発端は子ども

この「おまけのおもちゃ廃止運動」 の発端がなんと子どもなんです!

 

7歳と9歳の姉妹が署名を集めて実現されたんです。

姉妹が「環境のことを考えて、お子様セットでプラスチックのおもちゃを配るのを止めよう」 とキャンペーンを始め、50万人以上が署名をしたそうです。

 

「 数分しか遊ばないで捨ててしまうプラスチックのおもちゃが動物を苦しめ、海を汚染している」 と姉妹は訴えて署名を集めたそうです。

 

流石子どもの目線!とも思いますが、7歳と9歳の子どもがここまで環境の事を考えて、更に行動に移すなんて素晴らしいですよね。

 

 

 

バーガーキングの対応

今後バーガーキングではプラスチックのおもちゃを廃止することを決定しました。

 

これにより年間320トンのプラスチックの精算を抑えられるとの見通しです。

 

また今まで配られていた過去のプラスチックのおもちゃの回収を呼びかけ、集まったプラスチックのおもちゃを溶かし別のものを作るそうです。

 

 

マクドナルドの対応

一方ライバル会社のマクドナルドでは、今度おもちゃかフルーツかを選べるようにする方針を発表しました。

 

また来年からはおもちゃか本を選べる試用期間を予定しているそうです。

 

 

 

このニュースを聞いて、子どもであろうと大人であろうと、世の中をいい方向に変えられるんだな、と思いました。

 

たった一人の力じゃ何も変えられないと思ってしまいがちですが、世界をいい場所にしようというアイデアがあるのなら、行動しなくちゃなって思いました。

 

小さな力が集まって大きくなり、世界を変えられる!!!

 

 

 ブログ村ランキング登録しています。

こちら↓のボタンをポチっとしていただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村