イギリス生活記

2018年後期のYMSビザに当選。2019年3月に渡英してロンドン生活開始。3度目の渡英ですがロンドンに住むのは初めて!「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当か検証中

National Expressを利用してみました! ロンドン→リバプール

せっかくイギリスに来たのですから、イギリス内でもたくさん旅行したい!

でもいつも電車や飛行機を乗るほど、予算はないし、、、という時に利用するのが、長距離バス!

 

時間はかかりますが、電車よりも断然安いです。

 

長距離バスの中でもイギリスの長距離バスと言えば、National Express!

 

利用したことがなくても、ロンドンや空港で白地の車体に赤字でNational Expressと書いてあるバスを見たことのある方もいるかもしれません。

 

私はロンドンに住んでいるのですが、BRPカードの受け取りをリバプールにしていました。

ロンドンからリバプールは約350キロ。東京から名古屋や仙台までとだいたい同じくらいでしょうか?遠い。。。

 

イギリスに到着して1週間弱!時間はあるけど、お金はない!

ということで、長距離バスのNational Express を利用してリバプールまで行きました。

 

 

National Expressはインターネットで事前に予約をすることが出来ます。

 

チケットの値段は変動制で、座席の残席数が少なくなるに連れてチケットの値段も上がるようです。

 

なので、

  • すいている時期と時間帯
  • 早めの予約

が安いチケットを購入できるコツとなります。

 

私は、ロンドンからリバプールまでのNational Expressのチケットを予約する際、どの時間の長距離バスにするか、もしくは電車でいくか、を悩んでいて、最初に予約画面で値段を確認した次の日に予約をしようとしたら、値段が数ポンド上がっていました。

 

 

ご参考までに実際にいくらでロンドンからリバプールへ行けたのか、ご紹介します。

 

【実際の予約の状況】

  • ロンドンからリバプールへの片道のみの予約
  • 特に長期休暇中でも何でもない時期
  • 金曜日の昼間(週末にかけて帰省や旅行の方もいる可能性あり)
  • 利用日の前日に予約
  • 夕方にリバプールへ着きたかったため、途中のバーミンガムでの乗り換えが必要なルート

 

こんなような条件のチケットを予約して、チケット代は£17.20でした。

実際に予約をするとなると、このチケット代に予約代の£1が追加されますので、合計£18.20でした。

 

私がチケットを購入した日のレートは、だいたい1ポンド=148円くらいでしたので、ロンドンからリバプールまで約2700円~3000円でした。

 

ちなみにチケットはメールで受けとるe-ticketですと発行料は無料です。

郵送だと、送料がかかります。

 

 

東京から名古屋まで3000円弱でいけると思えば、ありかな!という金額に感じます。

 

 

 

ただ、道のりは長かったです!

 

10:00 ロンドンビクトリアコーチ駅出発

↓ (乗車時間:3時間15分)

13:15 バーミンガム到着

↓ (待ち時間:45分)

14:00 バーミンガム出発

↓ (乗車時間:2時間55分)

16:55 リバプール到着

 

合計6時間55分

 

不運なことに、バーミンガムからリバプールまでの道のりが工事中でしたので、予定よりも1時間遅れてリバプールへ到着したので、実際には約8時間弱かかりました。

 

ロンドンからリバプールまで直接行くバスの場合、6時間程です。

ただ、今回長距離バスを使用してみて一度バーミンガムでバスから降り、足を伸ばしてお昼を食べれてリフレッシュできたので、時間は少し余計にかかりますがこれはこれでよかったように思います。

 

 

今回実際にNational Expressを利用してみてびっくりしたことがありました。

それは、長距離バス内にFree Wi-Fiが飛んでいて、接続するとその中のエンターテインメントコンテンツを利用できることです!

 

Free Wifiに登録し接続した後、ドラマや映画が観れたり、ゲームをすることが出来ました。

子ども向けのアニメもあり、長時間のバス移動でも大人はもちろん子どもも楽しめます。

 

バス内にコンセントもありますので、携帯電話等の充電もできます!

 

 エンターテインメントのおかげで長距離バスの旅も悪くありませんでした。

それに、Wifiが使えるのは、海外からの旅行者には嬉しい特典ですよね。日本からご旅行で来られる方にとっても、便利です。

 

 

イギリス滞在中にたくさん旅行をしようと思うので、まだまだたくさんNational Expressにお世話になると思います!