ビーガン娘のイギリス生活記

「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当かを検証中のブロブです。

イギリスの歯医者に行ってみた

イギリスで歯医者に行ってみた:plain

 

先日初めてイギリスの歯医者に行ってきました。

 

丸2年ぶりの歯医者で、更にイギリスでの初歯医者さんだったので、ドキドキしながら行ってきました。思っている以上に、良い歯医者さんに出会うことが出来ました。

 

料金が高い!ということで有名なイギリスの歯医者。本当に料金は高かったのですが、実際イギリスの歯医者さんに行ってみた感想です。

 

 

 

イギリスの歯医者の評判

 ご存じの方も多いかと思いますが、イギリスの歯医者の評判ってすっごく悪いんです。

 

イギリスでは歯医者は2種類あります。

NHSの歯医者とプライベートの歯医者です。

 

NHSの歯医者

NHSとはイギリスの医療サービスで、ほとんどのサービスが無料で受けることが出来ます。しかし、歯医者は同じNHSでもお金がかかります。

 

そうは言っても、NHSの歯医者の方がプライベートの歯医者よりも安いです。そしてNHSの歯医者ではどこの歯医者に行ったとしても、一律の料金設定がされています。

 

しかし、

  • 予約が取りにくい
  • サービスが悪い

といった評判をよく耳にします。

 

プライベートの歯医者

プライベートの歯医者では、日本の歯医者さんの様に歯科院毎によって治療への料金設定されています。

 

一般的に、治療費がとても高いと言われています。

プライベートの歯医者でも予約が取りにくかったり、サービスがよくないという話はちょくちょく耳にします。

 

プライベート歯医者に行ってきた

あまりいい話を聞かないイギリスの歯医者ですが、最後に歯医者にいって丸2年経っていたので、そろそろ定期検診とクリーニングをと思い歯医者に行ってきました。

 

イギリス歯医者の予約

近所の歯医者さんがGoogleマップによるととても評価がいいNHSの歯医者さんだったので、 そこに行こうと思い予約の電話をしました。

しかし、実際に電話をしてみると数年前まではNHSだったのですが、今はプライベートになったとのこと。

 

予約時に値段もお知らせしてくれて高いな~と思ったので、一度予約をするのを辞めて電話を切ったほどです。

しかし、初めてのイギリスの歯医者だったのでレビューの良い歯医者に行こう!と心に決め、再度予約の電話をしました。

 

コロナ禍での予約で、直近で予約ができるのが3週間後でした。

今回は特に歯が痛いなどなく、ただ定期健診を受けたかっただけなので、問題なく3週間後で予約を入れました。

 

歯医者当日の流れ

歯医者さんの当日の流れは、日本とほぼ同じでした。

 

受付で予約がある旨を伝える→初診だったので登録カードの記入→検診&クリーニングといった流れです。

 

プライベートの歯医者ではありますが、登録カードにはNHSの番号や、登録しているGPの情報を記載する必要がありました。その他の情報は、氏名、生年月日、住所、連絡先、緊急連絡先などでした。

 

登録カードの記入が済むと、次は検診&治療です。

 

日本の歯医者さんのように、歯科医が歯を見ながら暗号のようなものを伝え、助手の方がそれを記録していきながら、歯の検診をしてくれました。

 

今回は特に虫歯などすぐに治療が必要な歯はなかったので、ホッとしました。

 

続いて、予約時にお願いをしていたクリーニングです。

歯のクリーニングでは唾液が飛んでしまうので、歯科医と助手の方はコロナ感染防止のため完全防備に着替えていました。完全防備なので、私は一体なんの手術をするのだろうと思う程。でも、コロナ予防のためにはとても大切なことなので、安心感がありました。

 

クリーニングの方法も特に日本と変わりがなかったです。

唯一違ったのは、私が日本で言っていた歯医者のクリーニングでは研磨剤に粗目の歯磨き粉を使用しているのかなと思っていたのですが、今回イギリスで行ったこちらのプライベートの歯医者では研磨剤がすごく砂に感じました。

 

歯磨き粉のようなスッキリ感のあるものではなく、ただザラザラしたもので、クリーニング後に自分の顔の周りに飛んでしまっていた研磨剤を顔からふき取る際に、少し不快でした。

 

ですが、それ以外日本とイギリスの歯医者の違いはあまり感じなかったです。

 

歯医者では日本の機械が主流⁈

今回私が行ったプライベートの歯医者さんはとてもフレンドリーな方で、とてもよく色々と説明してくださいました。

 

私が「イギリスで歯医者は初めてだ」というと、緊張を和らげるためか、イギリスの歯医者では日本の歯科機器をよく使っていると説明してくれました。「この機械もあの機械も日本のだよ!」と説明してくださいました。

 

そのおかげもあってか、日本の歯医者との違いをあまり感じなかったのかもしれないです。

 

イギリスのプレイべート歯医者の料金

イギリスのプライベートの歯医者で一番気になるのが、値段です。

よくイギリスの歯医者で治療をして何十万もした、という話を聞くので、心配されている方も多いかと思います。

 

歯医者ごとに料金が違うので目安程度ではありますが、今回私がいった歯医者では£150かかりました。

 

内訳は、

  • 初診検診療£65
  • クリーニング£85

です。

 

検診料は次回からは安くなるようです。今回はこの歯医者さんにかかるのが初めてだったためこの料金です。

 

2021年5月のレートでいうと、150ポンドは22,000円ちょっとくらいでしょうか?

確かに高いです。検診とクリーニングだけでかなり高額なので、虫歯にならないようにこれからも一生懸命歯を磨こうと思います。

 

会社によっては歯科対応の医療保険

今回私がプライベートの歯医者に思い切って行けたのは、実は今務めている会社で入っている医療保険で、歯科治療額をカバーしてもらえるからです。

 

会社で入っている医療保険のプランでは、年間150ポンドまで歯医者での診察・治療代をカバーしてくれます。

 

イギリスではNHSで医療が無料で受けられるのに、なんで会社が医療保険に入らせてくれるのだろうと今まで思っていました。よく調べてみると、私の会社が入ってくれている医療保険は、歯医者や眼科治療(メガネの新調やコンタクトレンズの購入)も対応になっていました。

 

これがなかったら、私はきっとNHSの歯医者に行っていたと思います。

もし、これからイギリスで就職される方は会社の福利厚生として医療保険に入っているのかも気にしてみるのもいいかもしれません。NHSで無料で医療サービスが受けられるので、最重要な福利厚生ではありませんが、あったら嬉しいものです。

 

イギリスで歯医者に行ってみた:まとめ

 今回イギリスで初めて歯医者に行ってみました。

 

プライベートの歯医者に行ったのですが、料金が高い以外、日本の歯医者と特に違う点はなかったです。それにしても料金が高いですが…

 

今回歯医者に行って、歯医者さんからは

を勧められました。日本の歯医者でも同じように勧められたこともあるので、こちらも同じアドバイスでした。

 

歯を大切にするためにも、電動歯ブラシと歯間ブラシを使ってお手入れしていきたいと思います。