イギリス生活記

2018年後期のYMSビザに当選。2019年3月に渡英してロンドン生活開始。3度目の渡英ですがロンドンに住むのは初めて!「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当か検証中

West End Live 2019

6月22日・23日の週末にトラファルガー広場で行われた無料の素晴らしいイベントに参加してきました。

その名も「West End Live」

 

West End Liveはロンドンのウェストエンドの人気なミュージカルのハイライトを一挙に楽しめるイベントです。

 


f:id:na-kouk:20190626054133j:image

 

今年で15周年を迎えたこのイベントには、 なんと普段ミュージカルの舞台に立っている本物のミュージカル俳優や女優などの700名のキャストが次々にステージに上がり、 それぞれのミュージカルのハイライトを披露していきます。

 

2日間のこの無料イベントには毎年8万にが訪れるとか。

 

 

 

せっかくロンドンに住んでいるのでミュージカルを観に行きたいと思っていましたが、 どのミュージカルがいいのか決められずいました。

そんな私にとっては、 人気のウェストエンドのミュージカルのハイライトのみで構成され ているこのイベントは本当にいいとこどりで最高でした。

 

 

土日の2日間合計11時間の公演時間の中で披露されてミュージカ ルは、 超有名作品や今年これから上演される注目作品ばかりでした。

 

 

アラジン、On Your Feet!、オペラ座の怪人、Tine、レ・ミゼラブル、9 to 5 The Musical、マンマミーア、ウェイトレス、 セロ弾きのゴーシュ、Six、Thriller Live、The View Upstairs、&Juliet、ライオンキング、 マチルダなどなど

 

 

私は実際には1日目の土曜日のみこのイベントに行ってきました。

実際の様子がどんな感じだったのかをご紹介したいと思います。

 

 

土曜日の1番最初の演目はアラジンで、11時から開始でした。

 

トラファルガー広場に入るのに荷物チェックがあるので、 いつものようにどこからでも広場へ入れる状態ではなく、 入り口は北西(入口A)と北東(入口B)の2か所のみでした。

 

入り口Aは10:15会場、入り口Bは10:30会場と、 入場開始時間に差があります。

 

 

私は友人と10時にトラファルガー広場にて待ち合わせ。

その時点で長蛇の列でした。

 

さすが人気ミュージカルのハイライトが一挙に無料で楽しめるイベ ント。

朝早くから折り畳み椅子やレジャーシートを持って列に並んでる人が沢山いました。会場15分前の待ち合わせでは、 読みが甘すぎでしたね。。。

 

 

長蛇の列の最後尾に並ぶために、 列に沿って後ろへ後ろへと歩いて行ったのですが、 いくら歩いても最後尾にたどり着きません。

 

トラファルガー広場から列に沿って最後尾を目指して歩いていたら 、なんとピカデリーサーカスまで来ました。 そろそそ最後尾が見えてきてほしいと願いながら更に列に沿って歩いて行ったのですが、ピカデリーサーカスでは収まらず、 細い道をくねくね曲がりながらレスタースクエアーまで列が伸び、 やっと最後尾を発見。

 

 

列がこんなにも長くレスタースクエアーまで来ていることを知っていたら、 トラファルガー広場からまっすぐレスタースクエアーまで歩いて列に並んだほうが、早く列に並べたのにね、、、 と友達を話しながらもこの長蛇の列に並びました。

 

 

 

並んでる人たちはみんな何時ごろに会場入りできるのかを気にしていました。

ところどころにいるスタッフも、 一体何時に会場に入れるかわからないと言っていました。。。

 

ただこの列が、飽きないくらいのスピードで進むんです。

こんなにも長い列が、 全然進まなかったら本当に待ちくたびれて途中であきらめたくなる気持ちになったと思いますが、ある程度のスピードで進んだので、もう待ちくたびれて飽き飽きっという程ではなかったのは幸いでし た。

 

 

そうはいっても、 ある程度列が進んでレスタースクエアーからピカデリーサーカスの 方へくねくね行列になっている途中、ここから3時間くらいかかりそうだというようなことをスタッフの人が言っていました。

 

3時間も待ったら観たと思っていたオペラ座の怪人やマンマミーアは終わってしまう。。。と悲しんでいたのですが、 そうはいってもある程度のスピードで列は進むし、 ここまで並んだからには、と思い並び続けました。

 

 

ここから3時間と言われたのは11時すぎごろ。

でも実際には12:20から始まるオペラ座の怪人の途中で会場に入場することができました。

 

 

荷物チェックは本当にサラッと済むので思ったよりも時間がかからずに入場できました。

 

会場内のトラファルガー広場も、 これだけの人が並んでいたのだから身動きが取れないほど、 もしくはある程度の人が会場を出ないと、 新しく人が入場できないのではないかと思っていましたが、 思ったよりもスペースがあり。

 

ステージが見える場所を探していたのですが、それなりにこの辺りで観たいかもという場所まで問題なく移動することができるような状況です。

 


f:id:na-kouk:20190626054239j:image

 

ただやはりイギリスですね。

160㎝の私は特別日本にいる時は感じることがなかったのですが、イギリスで混んでるところで何かを見ようとしたりすると、やっぱり自分が小さく感じるんです。

 

背の低そうな人が集まっているあたりや、背の高い人の合間を縫ってステージが見える場所を探して、鑑賞していました。イギリスにいるともうちょっと背が高くなりたいなかと思う瞬間が時たまあります。

 

 

結局私は3時間くらいこのWest End Liveを楽しみました。

会場ステージの両側に巨大スクリーンがあったのですが、スクリーンの前だとステージ自体は直接観えないのですが、スペースに余裕があり、地面に座って鑑賞することができました。

 

3時間暑い中立ったままの鑑賞だったら、観たい演目だけみて帰ってしまっていたかもしれませんが、座って観れたので長く滞在でき、全然知らないミュージカルも味わえて、今後ロンドンで行ってみたいミュージカルの下見にもなりました。

 

できるだけ長い時間いてイロイロな演目を観てみたい方には、思いっきり前まで来てスクリーン近くで座っての鑑賞もおすすめです。

 


f:id:na-kouk:20190626054301j:image

 

会場にはミュージカルに合わせて歌ったり踊ったりする人がたくさん!

しかも若者だけじゃなく、子どももお年を召された方も歌って踊るんです。

 

なんだかそうやって自分が好きなものに自分が好きなように感情を表現して楽しむ姿って素敵だな~と感じました。

 

 

なかなか行く機会を作れてないミュージカルが、とても身近に感じ、ロンドンにいるうちに折角だから楽しみたいなーと感じました。

 

ロンドンにいる内に、絶対ミュージカル鑑賞するぞ!

そして来年もWest End Live観に来るぞ!

 

とここに誓います!