イギリス生活記

2018年後期のYMSビザに当選。2019年3月に渡英してロンドン生活開始。3度目の渡英ですがロンドンに住むのは初めて!「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当か検証中

YMS: 航空券の購入 -マイレージ利用ー

ワーホリは最初のビザ取得ですとか、渡航費、渡航後の仕事を見つけて収入を得るま
で生活費など、初期費用がどうしてもいくらかはかかってしまいます。

 

ワーホリへ行く前に100万円は貯めた方がいいとか、50万貯めてワーホリへ行きました、30万貯めてワーホリへ行き ました、などなど人それぞれ違うみたいで、結局のところどのくらいかかるのかなって思いますよね。

 

私はワーホリの準備に関しては、何のエージェント等も登録せず、ビザの申請も含め全て自力でやっていますので、割とお金がかからないでワーホリへ行くタイプだと思います。

 

ビザ申請にかかった費用はご紹介させて頂きましたが、それ以外もこれから少しずつではありますが紹介していこうと思いますので、皆さんのご参考までになればいいなと思います。

 

 

na-kouk.hatenablog.com

 


ということで、今回は渡航費についてです。

やはりイギリスは遠いので、渡航費は結構かかってしまう部分だと思います。

 


私は本当にラッキーな事に、お仕事でイギリスへ行ったりする機会が何度かあり、マイレージが貯まっていましたイギリスへの渡航費はマイレージでまかなうことができました!

 

 

マイルが丁度ヨーロッパへ行く片道分あり、そのうちの何千マイルかは2年以内に有効期限が切れてしまいます。


イギリスへワーホリへ行っている期間中に切れてしまうのでもったいない!
ということで、今回のイギリスまでの航空券は、マイレージで購入しました。

 

マイルでの購入ならば、渡航費ゼロ?と思っていましたが、航空運賃が¥0であって、空港使用税などの税金がかかりましたので、実際に支払った金額は、¥16,870です。


それでも実際に航空運賃を払ってチケット買うよりも全然安いので 、本当にラッキー
でした。


ちなみによく海外旅行へ行かれる方、マイル貯めた方が絶対にお得ですよ!
航空券の予約方法や、飛行機の座席のクラス(エコノミーやビジネ スなど)によっても、どのくらいのマイレージが貯まるか変わってきますが、ヨーロ ッパに1回旅行に行くと、国内旅行に1回マイルで行けるくらいのマイルがたまります。


ワーホリへ行く方も、その片道分でもマイルを貯めた方が、のちのち何か旅行に使えるかもしれません。

 


マイルの話は置いておいて、
私は、マイルがなかったら、いつも旅行の際に航空券を買う、Skyscannerというウェブサイトを使って航空券を買おうと思っていました。


時期にもよりますので、一概には言えませんが、安くて東京→ロンドンは6万円弱くらいみたいでした。


6万円弱くらいの航空券ではやはり乗り換えが必要な便です。

 

北京乗り換えの中国東方航空が、5万円代で羽田→ロンドンヒース ロー空港の航空券を売っていました。
毎日飛ばしている飛行機のようですので、曜日に関係なくこの便はあるかもしれません。
北京での乗り換え時間もそれほど長くないので、トータル18時間 くらいでヒースロー空港に着けます。


以前に留学の為に渡英した際に一番安かった飛行機は、スリランカ航空です。
もう5年近くも前の話ですので、正確には覚えておりませんが、
こちらも中国東方航空と同じくらいの5万円くらいで航空券が買えたと思います。
こちらはスリランカコロンボ乗り換えだったのですが、コロンボ空港で6時間くらいの乗り換え時間があり、トータル20時間を超える移動時間でした。


スリランカ航空でのフライトは長くて体力的に大変でしたが、スリ ランカ航空にもいい点があります。

 

多くの航空会社が預け荷物は23キロまでなのですが、スリランカ航空は32キロまでOKでした。

旅行ではなく、留学ですとか、ワーホリ目的で渡航される方にとっては、多くの荷物を持っていけるのはありがたい事だと思います。


ワーホリでこれからどのくらいお金がかかるか分からない状態ですと、少しでも出費を抑えられるところは抑えたいですね。


ですが、やっぱり渡航にかかる時間ですとか、持っていける荷物の重さですとかいろ
いろな事も考慮しながら飛行機を選んだ方が、結果いい事もあります!

安い航空券を買ったけれども、荷物の重量オーバーによる超過料金で、結果高くついてしまったという経験があるという話も聞いたことがあります。