イギリス生活記

2018年後期のYMSビザに当選。2019年3月に渡英してロンドン生活開始。3度目の渡英ですがロンドンに住むのは初めて!「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当か検証中

ミュージカル『マンマ・ミーア/Mamma Mia』ロンドンで鑑賞

 


f:id:na-kouk:20200105080804j:image

 

ロンドンでは常に、人気のロングラン作品から、 最新の話題の作品まで様々なミュージカルが公演されています。

今回はいろいろなミュージカルがある中でも、 ロングラン公演で定番のミュージカル『マンマ・ミーア/ Mamma Mia』を観てきました。

 

 

 

 

ミュージカル『Mamma Mia 』

ミュージカル『マンマ・ミーア/Mamma Mia』 は世界の音楽チャートを総なめにしてスウェーデングループABBAの楽曲22曲を使用したミュージカルです。

 

1999年に初公演され、ロンドンのウェストエンドの中では7番目にロングランな作品です。

 

ジュークボックス・ミュージカル( ミュージカルのために書き下ろされた新曲ではなく、 既存の楽曲を使用したミュージカル)の中では最もロングランなミュージカルです。

 

2009年には映画版『マンマ・ミーア』 が日本でも公開され話題となりました。

メリル・ストリープアマンダ・サイフリッド、コリン・ ファースが出ていて、出演者も大物ばかりでした。この映画、イギリスではそれまでの歴代興行収入1位だった「タイタニック」 を超える人気だったそうです。

 

『マンマ・ミーア』ロンドン公演

ロンドンでミュージカル『マンマ・ミーア』が観られる場所の情報です。

 

劇場名:Novello Theatre

住所:Aldwych, London, WC2B 4LD

 

月曜日から土曜日までは毎日夜の部が開催されています。

夜の部の開始時間は、19:45です。

 

木曜日と土曜日は昼の部も開催されています。

昼の部の開始時間は、15:00です。

 

チケットは一番安い席で、£17.50~です。

一番安いチケットの席ですと、劇場のつくり上一部が見にくかったり、体を前のめりにして劇場の柵にもたれかかりながら観ないと見えないなどの条件付きの席になります。

 

『マンマ・ミーア』ロンドン公演の公式ウェブサイトはこちら↓

mamma-mia.com

 

 

 

マンマ・ミーアのあらすじ

ギリシャエーゲ海の島にてホテルを営んでいたドナと一人娘のソフィー。 母子家庭でドナは女手一つでソフィーを育てました。

 

舞台はソフィーが婚約者のスカイと結婚式をする前日。ソフィーは母親ドナの日記を勝手に読み、自分には父親候補者が3 人いることを知り、密かに3人にドナの名前を使って招待状を送っていました。ソフィーはヴァージン・ ロードを父親と歩くことを夢見ていたのです。

 

ソフィーは3人の父親候補者に会えば、だれが自分の父親か直観でわかると信じていたのです。

しかし、母親のドナですら誰が父親かわからないので、ソフィーにも分からず。。。

 

ソフィーが父親が誰か分からず悩んでいると、ドナやソフィーがマリッジブルーなのではないかと勘違いをします。ソフィーは父親が分からない事についてドナを攻めます。

 

また、ソフィーの婚約者のスカイはソフィーがなぜ3人の男性を結婚式に招待したのかを知ります。 スカイはソフィーがスカイのことが好きだから結婚をしたいのではなく、父親が誰かを知りたいから結婚したいのではないか、 どうして今まで黙っていたのか、と二人の関係は結婚式前日にギクシャクします。

 

結婚式当日、ドナはソフィーの着付けの手伝いをする中で、父親が分からなくともソフィーを大切に育ててきたという思いを伝え、ソフィーと仲直りをします。そして、ソフィーは父親と歩きたいと思っていたヴァージン・ ロードを大切に育ててくれた母親と歩くことに決めました。

 

遂に結婚式が始まりドナとソフィーはヴァージンロードを一緒に歩きます。

式場でソフィーは自分の父親が会場に来ている事を公表します。しかし3人の候補者から誰が父親かわからないが、3人ともソフィ ーを思ってくれているので3人ともが父親でもよく、3人父親も3 分の1づつ父親で幸せだと理解しあいます。

 

結局、結婚式はソフィーが心の準備ができていないということで中止にし ます。スカイも同意し、 二人は一緒にもっと世界を見ることを決意します。

 

しかしせっかく結婚式の準備をしたにもかかわらず利用しないのは勿体無いとのことで、 ドナとソフィーの父親の一人でずっとドナに気持ちを持ち続けてい たサムが結婚をすることになりました。

 

 

 

ミュージカル『マンマ・ミーア』のおすすめ度  ★★★☆☆

ABBAの名曲が盛りだくさん

ABBAが一世を風靡した1970年代に生まれていなくとも、ABBA世代でなくとも、誰しもがABBAの曲は聞いたことがあるかと思います。

 

「マネー、マネー、マネー」「ダンシング・クイーン」「Mamm a Mia」「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」などなどABBAの有名な曲ばかり。

私自身もABBAのファンでもないですが、聞いたことのある曲が多く、曲自体を楽しめました。

 

ミュージカルを見終わった後も、ふとした瞬間に頭の中でマンマ・ ミーアで使われた曲が流れている程、影響力がありました。

 

ハッピーでアップテンポの曲が多いので、自然とハッピーにしてくれます。

 

 

ストーリーが分かりやすい

映画版「マンマ・ミーア」 を観たことがあることも理由の一つかもしれませんが、ストーリーが分かりやすく、より音楽を楽しむためのミュージカルのような気がしました。

 

物語のタイムラインはソフィーの結婚式の現実と、 結婚式の当日のみなのも、 ストーリーが分かりやすいと感じる点かもしれません。

 

ドナと3人の父親候補の過去を語っている場面もありますが、過去の場面にステージが移動するのではなく、 過去を思い出して語っているスタイルなので難しくありません。

 

英語をよく理解できなくとも十分にストーリーが理解できます。

 

 

 

ABBAのファンじゃないとちょっと長い

ストーリーが複雑ではなく理解しやすいこともあり、またABBAの音楽がこのミュージカル『マンマ・ミーア/Mamma Mia』のメインでもあることから、少し曲が長いな、、、 と感じてしまう部分もありました。

 

特に知らない曲の場面では、ミュージカルらしい歌の豪快さもあまり感じられず、 ちょっと長いなと感じてしまいました。。。

 

 

男性陣の歌が、、、

こればかりは見に行かれる際のキャストさんによるかと思いますが、私が鑑賞へ行った際は正直男性陣の歌唱力が、、、といった感想でした。

 

メインキャストのドナの歌唱力は素晴らしく、「これはミュージカルに来ただけある!」と感動したのですが、ドナの昔の恋人たち3人の男性陣の歌唱力が少し残念でした。

 

声量が小さく、ミュージカルらしい劇場に響き渡る~といった感じがなかったです。

 

 

 

若手男性陣のダンスは素晴らしい

男性陣の歌が少し残念だった一方で、若手男性陣のダンスは素晴らしかったです。ソフィーの婚約者と彼の友人たちのダンスです。

 

全員でそろって踊ったり、筋力・体力のある男性だからこそできるダンスを惜しみなく披露してくれます。

 

そして水着姿の上裸でダンスをするシーンもあり、そんな恰好で筋肉を使ったダンスをするので、肉体美も鑑賞できます。

 

ストーリーの最後の盛り上がりが今一つ

物語自体のクライマックスの盛り上がりが少々かけるな、、、 と感じたのが正直な感想でした。

 

多くのミュージカルが物語の最後にクライマックスとしてストーリ ーも音楽も大盛り上がりになることが多い中、『マンマ・ミーア/ Mamma Mia』はなんだか、「めでたしめでたし」といった感じで、 最高の盛り上がりがミュージカルの最後にある、といった訳ではありませんでした。

 

ソフィーが結婚を取りやめたこと、そしてドナとサムが突然結婚を決める場面がどんでん返しで盛り上 がる場面でもありますが、 あっけらかんとそのシーンは終了しました。

 

物語を知っているせいでもあるかもしれませんが、もっと最後に大盛り上がりがあったらよかったな、と感じました。

 

 

アンコールはライブで盛り上がる

ミュージカルの物語部分が終了し、フィナーレ・ アンコールはまるでABBAのライブの様に盛り上がりました。

 

出演者が総出でそろってABBAの名曲に合わせて踊りながら歌うアンコールは、まさにミュージカル! といった感じで観ていて興奮しました。これでこそ、ミュージカルです。

 

またメインキャストがABBAの衣装を着て登場し、更に盛り上がります。ABBAを知る世代の方やABBAのファンにはたまらないひと時になるんではないかと思いました。

 

 

 

ミュージカル『マンマ・ミーア/Mamma Mia』まとめ

ロンドンのウエスト・エンドの中で最も有名なミュージカルの一つ『マンマ・ミーア/Mamma Mia』 

特にABBAの音楽が好きな方、ストーリーがわかりやすいので英語がお得意でない方にオススメのミュージカルです!

 

よろしければ、こちらもご一緒にご覧ください。↓

 

www.uklifejournal.com

 

www.uklifejournal.com

 

 

www.uklifejournal.com

 

 

 

ブログ村ランキング登録しています。

こちら↓のボタンをポチっとしていただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村