イギリス生活記

2018年後期のYMSビザに当選。2019年3月に渡英してロンドン生活開始。3度目の渡英ですがロンドンに住むのは初めて!「ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人」は本当か検証中

Double Fantasy:ジョン・レノンとヨーコ・オノの特別展 in Liverpool

リバプールへ行った際にMuseum of Liverpoolへ行きました。

そこでちょうどジョン・レノンとヨーコ・オノの特別展Double Fantasyが開催されていたので、行ってきました。

 

狙って行った特別展ではないのですが、ここ最近行った展示で一番よかったので、ご紹介したいと思います。

 

 

このDouble Fantasyというジョン・レノンとヨーコ・オノの特別展は昨年の5月から開催されているそうですが、今年の1月までに既に30万人が来場し、その人気から開催期間が7か月も延長され、今年の11月までの開催になったそうです。

 

それだけの人気ですから、もしそれまでにリバプールへ行く機会のある方や、彼らのファンの方は絶対に行くべき特別展です。

しかも素晴らしいことに、この特別展は無料なんです。

 

 

 

この特別展では、世界で最も有名なカップルと言っても過言ではないジョン・レノンとヨーコ・オノがどのようにお互いに惹かれあい、二人が作り上げてきた芸術と、二人が取り組んできた平和と人権擁護を訴えるIMAGINE PEACEのキャンペーンに焦点が当てられていました。

 

 

私にとっては、ジョン・レノンビートルズで大成功した人、ヨーコ・オノはその奥さんで、二人は恋に落ちて結婚したけど、なんだか世界からのいろいろな批判もあったりなかったり、、、したみたい?

といったことしか知らなかったのですが、ジョン・レノンが生まれ育った街で彼と彼の奥さんである日本人のヨーコ・オノの特別展だというだけで、興味が沸き、見学してみました。

 

実際に行ってみて、私みたいにほぼ何も彼らについて知らない人でもとても楽しめる特別展だったと思います。

 

 

 

 

特別展はジョン・レノンとヨーコ・オノの生い立ちの紹介から始まりました。

ヨーコ・オノについては日本人だったことしか知らなかったので、彼女の幼少期が興味深く感じました。

やっぱり、1960年代に国際結婚をする人はご立派なお家柄ですね。

 

f:id:na-kouk:20190425050309j:plain

 

展示の最初は、ヨーコの芸術作品が展示されていました。

正直言って、彼女が芸術家だったことも知らなかったですし、彼女の芸術作品をみるのは初めてでした。

 

この展示ではヨーコの作品の中でもジョン・レノンと関係のあるものが展示されていました。

 

f:id:na-kouk:20190425050430j:plain

 

はしごの作品は、ヨーコとジョンが出会うきっかけとなった作品。

ジョンがこの作品を気に入ったらしいです。

 

 りんごの作品は、ジョンのアドバイスも取り入れられた作品だそう。

 

 

ヨーコの芸術作品の後には、ジョンとヨーコがどのように恋に落ちてパートナーとなっていったのかも紹介されていました。

ヨーコが所有する通常公開されることのない、ジョンとヨーコが当時使用していた私物も多く展示されていました。

当時のことをニュース等で知る人には、展示されている彼らのアイコニックな私物を観れることは、とっても特別なことだろうな~と思いながら、私は見ていました。

 

f:id:na-kouk:20190425050714j:plain

ジョン・レノンのサングラスとオノ・ヨーコのサングラス

f:id:na-kouk:20190425050854j:plain

ジョン・レノンがニューヨークで来ていたタンクトップ


 

ジョン・レノンとヨーコ・オノの二人が出会いパートナーとなった時代は、冷戦やベトナム戦争が起こったという背景があり、二人は平和活動を行っていました。

芸術家である二人が行った平和活動だけあり、正直なところ展示で説明を読まないと活動の主旨が理解できませんでした。

芸術家ならではの平和活動だったので、世界中でちょっと奇妙な変わったカップルと認識されていたのかな~とこの展示を見て思いました。

 

でも彼らの平和活動について展示を通して知ると、40~50年前の平和活動も今の平和活動も、もとになる気持ちは変わらないんだな、と思いました。

 

中でもバギズムという概念、言葉を使った平和活動は今この2019年にも同じように必要な考え方だな、と心に響きました。

バギズムとは、体全体をすっぽりと袋で覆い隠すことで、肌の色や性別、髪の長さ、年齢などの外見での情報を打ち消すことによって、実際の話者のメッセージのみに耳を傾けることができるようになるという考えです。

1960年代よりもグローバル化がさらに進んでいる今ですが、グローバル化が進んでも同じように今だ見た目で判断したり、不十分な相互理解で衝突が起こっていて残念です。

正直バギズムという言葉は聞いたことありませんでしたが、時代を超えて全地球人が理解しないといけない言葉だと思いました。

 

f:id:na-kouk:20190425051050j:plain

 

こういった二人の平和活動についてしれた後に、ジョンレノンの楽曲Imagineのミュージックビデオを観ることができます。この部分は、この特別展のハイライトに感じました。

この曲は有名なので聞いたことがありましたが、ジョンとヨーコの平和活動について知った後には心に響くものがありました。

もう私の心はこの時点で、愛に溢れていました!

 

f:id:na-kouk:20190425051247j:plain

 

 

二人がパートナーとして家族として、関係を築いたり、衝突していたことが紹介されていたのも興味深かったです。

二人にはそれぞれ前のパートナーとの子どもがいて、彼らとの関係も紹介されていましたし、ジョンとヨーコの二人の間にも子どもを授かり、家族としての二人の一面や子どもとの関係も紹介されていました。

 

 

f:id:na-kouk:20190425051439j:plain

 

 

 

このエキシビションの名前はDouble Fantasyということで、ジョン・レノンとヨーコ・オノの二人が出会ってパートナーとして夢のような、ファンタジーのような関係を築いたことが紹介されているとともに、二人が夢見た平和な世界になるように活動したことが紹介されていました。

 

 

 

ジョン・レノンについてもオノ・ヨーコについても全然知識のなかった私ですが、この特別展を通してたくさん知ることができましたし、何よりも彼らの平和活動について知れて、心が愛に満たされ、少し平和について考えるきっかけにもなりました。

 

こんな素晴らしい展示が無料だなんて!!!

絶対絶対おすすめの特別展です!